中性脂肪を下げる・減らす!

中性脂肪対策教室

食事と食品

EPA・DHAの中性脂肪を下げる働き

投稿日:

chuuseisiboutaisakukyousitu_81839340_s

「中性脂肪を下げる食事」というと必ず名前が挙がるのが、EPAやDHAを多く含む青魚。

血液をサラサラにするというのがその主な理由のようですが、具体的にどのような仕組みで中性脂肪を下げてくれるのでしょうか?

 

EPAとDHAそれぞれの特徴

<EPA(エイコサペンタエン酸)>

EPAは青魚に多く含まれる「n-3系脂肪酸」の一種で、人間の体内ではほとんど作ることができません。そのため、外部からこまめに補給することが必要となってきます。
主な効能は、動脈硬化の原因となる血小板の凝集を防いだり、中性脂肪を減らしたりするなど。

<DHA(ドコサヘキサエン酸)>

DHAもEPAと同じくサバやイワシ、サンマなどの青魚に多く含まれるもので、やはり体内では合成されません。ドロドロの血液をサラサラにしたり、動脈硬化を防いだりする効果があり、全身の細胞に取り入れられるEPAとは違って脳や網膜に選択的に取り入れられます。

 

中性脂肪を減らす仕組み

EPAとDHAを摂ると、体内で脂肪を合成する働きを阻害し、逆に脂肪を分解する酵素の働きは活発にして中性脂肪ができることを防いでくれます。

つまり、新しくできる脂肪はストップさせて、すでにできてしまった脂肪は積極的に体外へ排出してくれるというわけですね。

また、上で説明したようにEPAが血管内で血小板が固まることを防ぎ、DHAが赤血球などの血液中の成分を柔らかくする働きをするので、この2つを合わせて摂るとより効果が増すのです。

 

食事から上手に摂取するには?

EPAとDHAをより良い状態で摂取するには、できるだけ脂の乗った旬の魚を食べることが大切です。

なぜなら、この2つの栄養素は魚の脂の部分に多く溶け出しているからで、最も効果的な食べ方は熱を加えず刺身としていただくこと。

焼き魚にする場合は、網で脂が落ちてしまわないよう、グリルではなくフライパンで焼くなどの工夫をしたほうが良いですね。煮魚の場合は、汁ごとご飯にかけていただくようにしましょう。

どうしても魚が苦手で食べられないという場合は、市販のサプリを利用するのも1つの方法です。

その際は、表示をよく確認して、EPAとDHAの含有量が合計で300㎎を超えていること、酸化防止のための「ビタミンE」や「セサミン」などの成分が含まれていることを確かめてください。

 

青魚の健康パワーでおいしく中性脂肪を下げよう

エスキモーの人々は、あまり野菜を摂らないにも関わらず、血液がサラサラで生活習慣病にかかる人が少ないといわれています。

それは、海のそばで生活し、日常的に新鮮な魚を食べているからなのですね。

このことに注目して発見された「EPA」と「DHA」は、動脈硬化を起こしやすい現代人の体を恐ろしい病気から守ってくれます。

 

-食事と食品

Copyright© 中性脂肪対策教室 , 2017 AllRights Reserved.