中性脂肪を下げる・減らす!

中性脂肪対策教室

食事と食品

中性脂肪を下げるお茶ってどんなお茶? おいしく飲んで健康になろう

投稿日:

chuuseisiboutaisakukyousitu_53101713_sa

人間の体はほとんどが水分でできているので、日頃からどのような種類の飲み物を取っているかによって体質が変わってきます。

ビールなどのアルコール、砂糖たっぷりのジュースが好きな人は要注意! 中性脂肪を下げてくれるお茶をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

 

■ルイボスティー

古くから南アフリカの人々に親しまれてきたルイボスティーは、その健康効果の高さから「奇跡のお茶」とも呼ばれています。

血液をサラサラにする効果や抗酸化作用によって、脂肪がつきにくく分解されやすい状態を作り、中性脂肪の減少に役立ちます。

 

■ゴーヤー茶

沖縄の特産品として知られる「ゴーヤー」を原料としたお茶です。加熱しても栄養が変わらないので、効率的に摂取することができます。

ゴーヤー茶が中性脂肪対策に効果があるのは「共役リノール酸」と呼ばれる成分が脂肪を減少させてくれるから。

また「モモルデシチン」や「チャランチン」がコレステロールを下げる効果もあります。

 

■緑茶

日本人にはなじみの深い緑茶も、中性脂肪の低下に一役買ってくれます。

緑茶には「カテキン」と呼ばれる成分が含まれていますが、これには血中の悪玉コレステロールの増加を防いだり、脂肪を燃焼させたりする効果があるのです。

どこのお店に行っても置いてあるので、取り入れやすいところも魅力ですね。

 

■プーアール茶

中国でよく飲まれているプーアール茶には、脂肪を分解する酵素の分泌を促す作用があります。

また、脂肪が体内に吸収されることをブロックしてくれるので、油っこい食事の際には一緒に飲んでおくと良いでしょう。

中国にはスリムな人が多いので、なんとなく説得力がありますよね。

 

■グアバ茶

グアバ茶に含まれる「グアバ葉ポリフェノール」には、体内での糖の吸収を抑える働きがあります。

そうすると血糖値の急激な上昇が抑えられ、糖分が中性脂肪へと変わることを防いでくれるのです。

リラックス効果が高いので、仕事中の一服としてもおすすめですよ。

 

お茶の持つチカラを最大限に発揮するために

いくら脂肪を減らす効果があるといっても、お茶を飲みながらカロリーの高いものをばくばく食べていては意味がありません。

肉類や甘いお菓子などもストレスがたまらない程度に取り入れつつ、いつもの食事に野菜や汁物をプラスして全体の摂取カロリーを減らしていきましょう。

また、1日30分程度の適度な運動をしたり、質の良い睡眠をとったりすることも大切です。

睡眠は長すぎても短すぎても中性脂肪を増やす結果となるので、毎日6~8時間を目安にぐっすり眠りましょう。

 

毎日のお茶でリラックス&健康維持を!

中性脂肪対策としてお茶を取り入れることのメリットは、なんといっても「手軽」ということに尽きます。

急須で淹れることが面倒なら、大きめのやかんで一度に沸かしておいたり、ペットボトル入りの商品を購入したりすることだってできますよね。

とにかく毎日続けることが大切なので、適度に手を抜きながらお茶を楽しみましょう。

 

-食事と食品

Copyright© 中性脂肪対策教室 , 2017 AllRights Reserved.